So-net無料ブログ作成

シエンタ その後

9月27日入庫
9月28日引き取り

12か月点検とシートベルト修理が終了しました。

20190929-01.JPG


新車で購入し2年・・・。
ようやく長女の席のシートベルトが機能するようになりました。
多分・・・。


ピラー側 Before
03.jpg

ピラー側 After
20190929-02.JPG


フロア側 Before
104.jpg

フロア側 After
20190929-03.JPG


車関係の方には、
あり得ない作業ミスなので、
新車製造ラインではこのような取り付けができないようになっている。
恐らく、車両が販売店に到着してから、
何かやらかしていると伺っていました。


ディーラーの営業マンの説明によると、
内装を剥がすとバックモニターの配線があったので、
オプション装着時の作業ミスだろう。
新車時の点検は非常に厳しいので、
それ以外は考えられないと。


でしょうね。


トヨタのディーラーで、
トヨタの新車を購入し、
納車前にオプション装着の作業をしてるんですけどね。

6ヵ月点検、12カ月点検、18カ月点検もディーラーで行っています。
何の点検だったのでしょう。



その後、整備工場長が来ました。

今回は、施工不良があり申し訳ありません。


それで、
と聞いてみました。

内装に挟まれていたベルトに癖がついている。
性能上は問題ないと思うが交換しても良いと。


確かに癖がついています。
20190929-04.JPG



随分と、上から来ますね・・・。


責任者なんでとりあえず謝りに来ました感が凄い。


交換しても良いですか・・・。
その前に、もう少し話はないんですかね・・・。



整備工場長・・・。
今回の状況が理解できているのでしょうか。
まず、社会人なら挨拶の時に名刺ぐらい出したらどうかと思います。


それなりの年齢には見えましたので、相応の経験はありそうです。
それでこの対応ですから、これ以上話してもあまり意味はないでしょう。

下がって頂いていいですと言いました。


車関係の方と相談していた際、
かなりまずい状況だから、
所長と工場長が菓子折り持って謝りに来るよと言っていたのを思い出しました。

それ以前の問題で、
1週間経っているのに営業も整備も、
車両の確認にすら来ていないのにびっくりしていましたが。



担当の営業マンに確認すると、
所長は昨日今日と連休ですと。
報告もしていないそうです。


凄い会社ですね・・・。

私の所属していた組織では、
内容にもよりますが、
問題が発生した場合、
休みであろうと、とりあえず上司・所属長に連絡します。
また、組織長に報告するか判断を仰ぎます。


トヨタぐらいのステージになると、
今回の状況では所長に電話もしないんですね。
流石です。



妻は運転初心者なので、
シエンタにはToyota Safety Senseがついています。


トヨタの営業所所長、工場長、営業マンは、
センサーが壊れているというより、
もはや装着されていませんね。



群馬トヨタ 高崎東町店で、
バックモニターを装着すると、
後部座席の方は事故で死ぬかもしれません。


9月16日の記事は最も怒っている時ですが、
当然、入庫時には冷静になっています。
トヨタの対応で、気持ちも収まるだろうと考えていましたが、
更に怒りがこみあがり車両を引き取ることになるとは思いませんでした。



流石に、
二度とトヨタには来ないと言い帰ってきました。



TOYOTAは殺人シートベルト

怒っていたとはいえ言い過ぎかと気が咎めていましたが、
言い過ぎではないと思います。


TOYOTAぐらいの会社でも、
人が死なないと分からないものなんですかね。




工場長は、
今後、このような事がないように対処すると言っていました。


でしょうね。



長女が内装を剥がしてくれたおかげて、
私の家族は死なずに済みました。


私は人を救う仕事をしています。
工場長の、今後という言葉が非常に気になります。

過去は完璧なんですね。



この度、2年前の作業ミスにようやく気が付きました。
8歳の子供のおかげで。


工場長の言動からは、
過去の作業を再点検するような気配が全くなかったのが、
私の職業の倫理観から大変に気になります。



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。