So-net無料ブログ作成

シエンタ

車には家が建つほど金を掛けましたが、
まだまだ勉強不足でした、


人生初めてのトヨタ車、
家族カーにはピッタリのシエンタです。


次女が成長しチャイルドシートからジュニアシートになりました。


01.jpg

以前より、2列目の右側はシートベルトの装着が難しいのは分かっていました。
ベルトをほぼ全て伸ばし切らないと装着できませんでした。
ジュニアシートだと取り回しが遠くなるのかと、どこかで思っていました。

02.jpg


妻は運転の初心者ですが、
事故しなくてよかった。

何とシートベルトが内装からでています。


03.jpg


本来はこうなっています。
2列目左側のシートベルトです。
101.jpg

我が家のシエンタ。
2列目右側シートベルトです。
102.jpg

シートベルトは、本来フロアとピラーに固定されると思います。

2列目左側フロア側。
103.jpg

2列目右側フロア側。
シートベルトがありません。
104.jpg
本来はフロア側のスリットからシートベルトが出るはずですが、
内装の内側に取り廻され、ピラー中央の内装の継ぎ目からシートベルトが出ています。



2列目右側はシートベルトを伸ばし切らないとジュニアシートには装着が難しく、
今までは親が装着していました。
次女がチャイルドシートを卒業したこの機会に、
小学3年生の長女に、そろそろ自分で頑張ってみようということになりました。

長女がシートベルトを引っ張ったら、内装が剥がれました。
そんな乱暴にしたらダメだよと怒りました。
ママの車を壊してしまい、長女は泣いてしまいました。

同時に、そんなことあり得ないとようやく気が付きました。

105.jpg

内装の内側で、シートベルトはプラプラです。

本来はフロア下から直接シート座面側の下腹部・腿あたりを通るシートベルトが、
内装の内側でピラーに沿って上がり、
その後、ピラー中央付近で内装パネルの継ぎ目から車内にベルトが出てきて、
シート側にV字に降りてきます。

V字部分が遠回りになるため、
シートベルトを出し切らないと装着できなかったと判明しました。

V字部分のシートベルトがたるんでいる部分は、
プラスチックの内装パネルで固定されているだけです。
つまり、2年間に渡り長女はプラプラに伸び切った、
何の意味もないシートベルトを装着していたことになります。

サーキットでは、ある程度経験がある方は、
4点式シートベルトではなく、
5点か6点式のシートベルトを使用していると思います。

4点式では高速でクラッシュした場合、
滑り込み現象により、フロア側に体が入り込んでしまいます。
当然、怪我や死亡する危険性が高まります。

シエンタのシートベルトは純正ですので当然3点式ですが、
長女が座っている2列目右側は下側のシートベルトが機能していません。
胸側のシートベルトのみですので、
子供であれば容易に滑り込み現象がおきるでしょう。

状況が理解できた瞬間、全身から血の気が引きました。
これほど、サーっとなったのは何年ぶりでしょうか。



大人が座っていたらより早く気が付けたと思います。
2列目右側、運転席の後ろは最も死亡率が低いので子供専用でした。
ジュニアシートだと、手すりの下にシートベルトを通すので、
装着状態に何の違和感もなく気が付くことができませんでした。


今まで、チャイルドシートもジュニアシートも、
可能な限りISOFIXを使用していましたが、
2列目右側は恐ろしい状況なので長女の席は3列目に移動です。
ただし、3列目はISOFIXが装着できず所有しているジュニアシートは装着できません。
画像の通り座布団程度のオレンジ色のジュニアシートですが、
プラプラなシートベルトよりはるかにましです。

106.jpg



こんなミスはあるのでしょうか。
天下のトヨタですが・・・。
そもそも、何で新車登録時の点検に合格したんだろう。

TAKATAの殺人エアバックがありましたが、
万が一、他にもこんな酷すぎる施工不良があれば、
TOYOTAは殺人シートベルトですね。

今回の状況では死亡事故が起きても、
事故の衝撃で内装が外れたとか、
シートベルトが内装の内側に巻き込まれた等で片付けられてしまうかもしれません。


新車で購入し、
6ヵ月、12か月、18カ月点検はトヨタに出しました。


以前よりおかしいとは思ってましたが、
次女がチャイルドシートからジュニアシートに代わるまで気が付かなかったとは、
家が建つほど車に金を使った身としては恥ずかしい・・・。
というか、親として本当に情けなく悔しいです。



妻は運転初心者なので、トヨタの新車がこの有様とは想定すらできません。
運転初心者ですので、最悪事故が起きてしまうことがあるかもしれませんが、
安全運転をしていても、近年はもらい事故の可能性も高まっていると思います。
事故が起きたら長女が死んでいたかも知れないと思うと、
自分が情けないです・・・。

人生初のトヨタ車でしたが、
二度とトヨタ車は買いません。
トヨタは日本が世界に誇れる企業だと思いますし、
トヨタの素晴らしい品質を考えると、
こんな事件は極めて稀だと思います。

でも、子供が死んでいたかもしれないと思うと心情的に無理です。
残念ながらトヨタとは合わなかったんですね。


営業の方には全く責任がありませんが、
近々24カ月点検があるので直してもらい、
とりあえずシエンタは売ります。



ネットにクレームを書いたことなんてないんだけどな・・・。
悲しいです。




nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

けい-G

こんな事ってあるんだね。
他のシエンタもこうなってるの?
それともこの車の組み立てミス?
by けい-G (2019-09-20 09:48) 

ドクター和田


来週24カ月点検なので同時に調べてもらいますが、
この車だけの超稀なミスでないと、
相当まずい状況だと思います。

通常の新車製造ラインでの手順では、
このような取り付けはできないようになっているはずみたいです。

by ドクター和田 (2019-09-20 22:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。